お口の乳酸菌ブリス菌配合歯磨き粉ブリアンに大人用登場!

BLIS M18(ブリス菌)配合の歯磨き粉ブリアンに大人用が発売されました。

子供用ブリアンとの違いや効果の違いなどについてまとめてみました!

ブリアンのBLIS M18(ブリス菌)とは

笑顔の子供

世界には全く虫歯にならない子供が2%いるそうです。

そんな子供の口の中から見つかったのがお口の善玉菌「BLIS M18」です。

ブリス菌は虫歯の原因菌であるミュータンス菌を減少させたり、虫歯になりやすい酸性からアルカリ性へ導くなどの働きがあります。

さらに詳しいブリス菌の働きについては以下にまとめてあります。

>>BLIS M18(ブリス菌)とは?効果や安全性など徹底解説!

ブリス菌はひとことで言えば、お口の中のビフィズス菌のようなもので、ビフィズス菌がお腹の環境を整えてくれるように、お口の環境を整えてくれます。

ブリス菌の研究が始まったのが30年ほど前ですが、海外では既にブリス菌が配合された歯磨き粉やタブレットなどの製品が販売されています。

日本では子供用歯磨き粉として初めてブリアンが販売されていましたが、今回ついに大人用の歯磨き粉ブリアンが発売されました。

↓公式ページはこちら!↓
>>大人用ブリアンの詳細をみる

大人用ブリアンの効果は?子供用との違い

ブリアン大人用

大人用も子供用もブリアンはBLIS M18が配合された日本で初の歯磨き粉です。

ブリス菌は熱と水に弱く、生きたブリス菌を口に届けるため、ブリアンは粉状の歯磨き粉になっています。

合成界面活性剤や発泡剤、殺菌剤など刺激の強いものは入っていません。子供用同様、大人用にも60日間の返金保証がついています。

では、子供用と大人用の違いはどこにあるんでしょうか?子供用ブリアンと大人用ブリアンの大きな違いは以下の通りです。

  • 大人でも使いやすいミント味に
  • 歯周病対策にBLIS K12が配合された

子供用ブリアンの味はイチゴ味1種類でした。歯磨き嫌いの子供が進んで歯磨きをするようになったと口コミが広がりました。

子供用ブリアンを大人が使っても問題はなかったのですが、やっぱりイチゴ味というのが大人が使うにはちょっと…という方もいたと思います。

大人でも使いやすいさっぱりミント味になったというのが大きな違いの1つ。

そしてもう一つが、歯周病対策としてBLIS K12が配合されたという点です。

大人用ブリアンのBLIS K12とは

BLIS K12はBLIS M18よりも先に発見されたブリス菌です。

こちらも虫歯がない人の唾液から発見された善玉菌で、BLIS M18が主に虫歯予防に効果を発揮する一方でK12は口臭や歯周周りのトラブル対策に効果を発揮します。

成人の約8割は歯周病を患っていると言われるほど歯周病は他人事ではない病気です。

歯周病が悪化すれば全身疾患にもつながる怖い病気です。特に大人用ではK12を配合することで歯周トラブルに力を入れてあります。

BLIS M18やK12を用いたプロバイオティクスのケアは口臭外来の権威、ホンダ歯科でも以前から用いられています。

参照:ホンダ歯科ホームページ

参照:ホンダ歯科ホームページ

ホンダ歯科の本田先生は日本の口臭治療の第一人者で日本口臭学会の常任理事も務める先生です。

そんな権威ある先生が治療で使っているブリス菌は信用度も高いですし、わざわざ病院に行かなくても購入できるようになったのは画期的だと感じます。

ブリアン、ひとつだけ残念な点をあげるとすれば

安全性が高く虫歯や歯周病ケアができるブリアンはとてもいい商品なのですが、ひとつだけ残念な点があるとすれば値段が少しお高めなところです。

1箱60袋入りで通常9,370円です。ブリス菌は希少価値が高い菌で、ブリス菌3kgの値段は車より高いそうです。

ですが、定期コースで購入すれば初回半額の4,980円で購入できます。1回当たり50円という値段、これなら高過ぎるという感じはしません。

しかも定期コースの場合は60日間の返金保証あり。

2回まで続ける必要がありますが、1箱使った段階で合わないなと思ったら返金してもらえばいいので、特にリスクはないと思います。

ただし、ブリアンはこれさえ使えば虫歯も歯周病もなくなるという魔法の歯磨き粉ではありません。

虫歯や歯周病予防はきちんと歯を磨くというのが第一にあって、ブリス菌は補助的な役割。それでも、ラウリル硫酸ナトリウムなど発泡剤が入った市販の歯磨き粉を使うよりは全然いいです。

口の粘膜は皮膚の数十倍も成分を吸収するといいますから、口に入れるものは絶対安全なものがいいです。

毎日食べるヨーグルトの様にお口の環境を整えるブリアンを始めてみてはいかがでしょうか。

>>大人用ブリアン公式ページ

このページの先頭へ