デンタルフロスが臭い原因…その悪臭が口からも?

デンタルフロスや糸ようじなどを使って、使用後のそのニオイに衝撃を受けたことはないでしょうか?

くんくんと嗅がなくても放つ悪臭。もしそれが普段のあなたのお口のニオイだと言われたら?

デンタルフロスの使用後が臭い原因と対策についてまとめてみました。

使用後のデンタルフロスが臭い原因

デンタルフロス臭い

使用後のデンタルフロスのニオイの原因はどこにあるのでしょうか?

プラーク(歯垢)が取れている

白い歯のイメージ

そもそもデンタルフロスの役割は歯ブラシでは届かない歯と歯の隙間の歯垢(プラーク)を落とすことです。

つまり、その歯垢(プラーク)が取れているということなのですが、なぜ歯垢(プラーク)は臭いんでしょうか。

ほとんどの場合、口臭の原因は口の中の細菌によるものです。歯に付着した食べかすや舌苔などを菌が分解して、ニオイの元となるガスを作り出します。

食べ物の糖が歯に付着して、そこに細菌が集まり増殖します。プラーク1mgの中にはなんと1億個もの細菌がいるそうです!

つまりは、そのフロスからするニオイが口からも出てるかもしれない…ということになるんです。

そう考えるとぞっとしますよね(^^;

通常は、唾液による自浄作用というものがあり、菌を抑制してくれます。ですが、唾液量が減る睡眠中や空腹時などは口臭が出やすくなります。

また、差し歯などの人口歯を使っている方は歯茎と差し歯の間に食べかすが溜まりやすくなります。私も前歯にセラミックを被せているのですが、そこからニオイがでやすくなるので、歯ブラシの先端やフロスでしっかり汚れを取るようにしています。

歯周病の歯肉滲出液や膿が付着している

歯の着色を気にする男性イメージ

使用後のフロスが臭い原因として歯周病も考えられます。

歯周病は歯茎と歯の隙間に菌が増殖して放っておくと最終的に歯が溶けるかもしれない病気です。

歯周病の手前、歯茎が腫れている状態の歯肉炎でも臭い場合があります。

歯肉滲出液(しんしゅつえき)といって透明の液が出るのですが、それがフロスに付着している可能性もあります。

歯周病は成人の8割が掛かっていると言われるほどメジャーな病気です。治すというよりは付き合っていく病気なので、悪化させないためにもフロスで歯茎の奥の汚れまで取ることはとても大切なんです。

デンタルフロスが臭い!対策は?

女性特有の口臭イメージ

使用後のデンタルフロスが臭い…その対策は正直ありません(^^;

というか、ニオイを発生させないためにフロスを使っている訳です。

フロス使用後のあのニオイには自分でもがっかりしてしまいますが、人に「臭い!」と思われるよりはマシだと思いませんか?

むしろ、使用後のデンタルフロスのニオイを気にしている人は意識が高い人です。だってデンタルフロスをちゃんと使っているってことなんですから!

そのニオイにがっかりすることなく、フロスを使っている自分をほめてあげてください!

使っているうちに臭いも軽減していくはずです。

まとめ

  • 使用後のデンタルフロスには細菌の塊プラークが付着しているため臭い
  • 歯周病や歯肉炎がある場合は使用後のフロスが臭い場合も
  • フロスは口臭を発生させない為のエチケット!

管理人愛用おすすめの口臭対策グッズ!

私がこれまで試した口臭対策グッズの中から厳選しておすすめをピックアップしてみました!

  1. うる藍バリア

    うる藍バリア口コミ

    ★ポイント★

    唾液が出やすくなる成分ポリグルタミン酸&クエン酸配合!さらに藍のポリフェノールの抗菌力で体の内側からサポートしてくれます。

    button button2

  2. 薬用オーラクリスターゼロ

    オーラクリスターゼロ口コミ

    ★ポイント★

    抗菌力の高い薬用成分配合で口臭の原因であるVSC(揮発性有機化合物)を99.7%カット!

    button button2

  3. オーラルデント

    オーラルデント口コミ

    ★ポイント★

    森永乳業の特許成分オーラバリアに加え、様々な健康成分配合。試しやすい価格

    button button2

★→口臭対策グッズのさらに詳しいランキングを見る!

このページの先頭へ