デンタルフロスを使うと歯ぐきから血が出る…対処法は?

デンタルフロスを使用するときに歯茎から血が出た!という経験ありませんか?

デンタルフロスで出血する理由は何なのでしょうか?血が出た時の対処法は?

デンタルフロスで血が出る理由

フロスで血が出るイメージ

デンタルフロスの使用で歯茎から血が出る理由は2つあります。

歯肉炎が原因で血が出る

歯肉炎とは歯茎が歯周病菌によって炎症を起こしている状態です。歯と歯の間に汚れが溜まっていることで炎症は更に悪化し、歯茎が腫れたり色が赤褐色になったりします。

歯肉炎がさらに進むと歯周病となり、歯茎から膿が出たり最終的に歯が溶けて抜け落ちます。

歯茎が腫れているところには血が溜まっている場合があり、そこにフロスを使うことで血が出る場合があります。

間違ったやり方で血が出る

間違ったやり方

フロスの使用時に歯茎から出血するもうひとつの理由として、フロスの使い方に問題がある場合があります。

歯と歯の間の隙間が狭くてフロスが通りにくく、無理やり歯に通した結果その衝撃で出血してしまうのです。

デンタルフロスで歯茎から血が出た場合の対処法

血が出たからと言って焦る必要はありません!

特に、歯肉炎が原因の場合は、うっ血した悪い血を出していると考えればいいんだそうです。

歯と歯の間に食べかすなどが溜まっていると、更に細菌が繁殖するのでフロスで汚れを出してあげることはとても大切なことなんです。

血が出たからと言ってフロスの使用をやめてしまう方が後々悪影響が出て来ます。

私もフロスを使うたびに毎回同じ場所から出血していました。ですが使い続けるうちにあまり出なくなりました。

歯と歯の間をきちんと清掃してあげることで歯周炎が改善されてきたのだと思います。

歯茎が腫れてもいないのに出血する場合はフロスの使い方を見直してみてください。

デンタルフロスの正しい使い方

フロスの正しい使い方を学べる動画があります。これ分かりやすいのでおすすめです。

歯と歯の間が狭い場合で無理やり通そうとすると、歯茎を傷つけてしまう場合もあるので注意が必要です。

特に女性は歯茎から血が出やすい!?

口に手を当てる女性

実は、女性の方が男性より歯茎が腫れやすいんです。

その理由は、女性ホルモンの分泌にあります。

女性の場合、生理や妊娠中など女性ホルモンが増え、体温が高くなるタイミングで歯茎が腫れやすくなってしまうんです。

また、妊娠中は一部の歯周病菌が増えやすい時期とも言われ、歯周病になる妊婦さんが増えるんだそうです。

つわりなどがあるとツライとは思いますが、妊娠中こそフロスも使ってしっかりとオーラルケアをすべき…ということになります。

歯茎を引き締める!管理人おすすめの歯磨き粉

管理人が愛用している歯磨き粉は全薬工業が開発した「オーラパール」という歯磨き粉です。

オーラパール

  • 歯周病・歯肉炎予防
  • 口臭、虫歯対策
  • 歯を白くする

これらの働きをこれ1本で出来る!という優れものなのです。

この歯磨き粉の最大のポイントは歯の再石灰化を促す「薬用ハイドロキシアパタイト」と歯茎の腫れを抑える「塩化リゾチーム」が一緒に配合されているというところ!

実はこれ、日本で初のことなんです。

成分についてだらだらと説明したところでよく分からないでしょうから、オーラパールを1本使ってみた私の歯茎のビフォーアフターを見ていただきたいと思います。

オーラパール口コミ

歯茎の腫れが収まり、歯周ポケットの深さも改善したんです!

詳しい体験記事もまとめていますので合わせて読んでみてくださいね。

>>オーラパールの体験談をよむ

口臭予防やステイン防止にも優れた歯磨き粉ですが、個人的には歯茎ケアに一番の効果を感じました。

もちろん、進行した歯周病を歯磨き粉で治すことはできませんが、予防という面でおすすめしたい歯磨き粉です。

ちなみに公式サイトだと初回限定価格で購入できるのでお得です。

>>オーラパール公式ページをみる

このページの先頭へ