フリスクに口臭予防効果はある?

コンビニやドラックストアで手軽に購入できるミントタブレットといえば一番最初に思いつくのがフリスク!

もっとも身近なミント系タブレットといっても過言ではありません。

手軽で愛用する人も多いフリスクに口臭予防効果はあるのでしょうか?

フリスクの種類は?

フリスク

フリスクは色んな種類や味が発売されています。

今販売されているのは2種類!

画像引用:frisk japan

画像引用:frisk japan

これが一番よくみる種類ですよね!コンビニで手軽に手に入るタイプ。

そして、ミント感が控えめの甘めのメタルノフリスクという種類もあります。

画像引用:frisk japan

画像引用:frisk japan

パッケージもおしゃれですよね。売り切れてるコンビニとか置いてないコンビニもあります。

6月27日に新発売される「frisk NOW」

画像引用:frisk japan

画像引用:frisk japan

マンゴー味は日本限定みたいですよ!

7月2日~3日に六本木のミッドタウンでサンプリングイベントがあるみたいです。

フリスクの口臭予防効果は?

フリスクは手軽に買うことが出来て、とても身近な存在ではありますが、口臭の予防効果としてはどうでしょうか。

食べたことがあれば分かると思いますが、フリスクはミント味のタブレットです。

ニンニク料理や焼き肉など食べた後の食事による口臭をミントの香りでマスキングするという意味では効果的だと思います。

ですが、多くの人が悩む食事以外が原因の口臭に対してはどうでしょうか?

フリスクの成分…フリスクは「清涼菓子」

口臭で悩むひとのほとんどは、歯周病や舌苔など口の中の菌が引き起こすものが原因であるといわれています。

フリスクのパッケージ裏面を見てみると名称のところに「清涼菓子」とあります。

フリスク成分

そう、フリスクはお菓子なんです。

フリスクはシュガーレスで、甘味料として使われているソルビトールは虫歯を引き起こしにくいとされています。

ですが、食べ過ぎると下痢を引き起こしやすかったりするようです。

結論、フリスクに口臭対策効果なし

もちろん、ミント系のマスキング効果であればある程度は持続します。

ですが、歯周病菌や舌苔を分解する菌などが引き起こす口臭に対しては、効果はありません。

香りを被せるだけの対策では、根本的に効果があるとは言えないですよね。

むしろ、口臭とミントの香りが混ざってさらに悪臭を放つ可能性もあります。

また、食べ過ぎによりメントールの刺激で唾液が出にくくなったり、味を感じにくくなったりなど弊害もあるようです。

そもそも、フリスク自体口臭対策としての商品として販売されていませんので、フリスクに口臭予防効果を求めるのは違うのかなと感じます。

まとめ

  • フリスクはミント系のお菓子!
  • マスキング効果はあるものの根本的な口臭対策にはならない

お口とお腹にダブルの口臭対策!おすすめのサプリ

口臭の原因の8割は口の中にあると言われているものの、様々な原因が絡み合って口臭が出るケースも多いんです。

私の場合、便秘がちで1週間近くお通じがないことも…。

自分の口臭の原因が口の中にあるのかお腹の中にあるのか分からないという人にうる藍バリアがおすすめです。

うる藍バリアは藍が含まれる顆粒タイプの健康食品です。

うる藍バリア口コミ

抗酸化力がブルーベリーよりも高い日本産の藍で体の中にアプローチ。さらに、研究論文で藍には歯肉炎を抑えたり、口臭の原因であるメチルカプタンを抑制する効果もあることが分かっています。

1つ1つ個装されているので外出先でもさっと口に入れやすく重宝してます。

うる藍バリア口コミ

味は飲みやすいレモン味で、ポリグルタミン酸やクエン酸が配合されていてじわっと唾液がでてきます。

>>さらに詳しいうる藍バリアの体験談はこちら


私は今まで色んなサプリやタブレットを試してきましたが、お腹にもお口にもダブルでアプローチするというものは初めてでした。それぞれ対策するのは正直面倒でしたから、こういうのを待ってた!という感じです。

特に腸内環境が乱れやすい女性にはおすすめです!

うる藍バリアをお得に賢く購入する方法

毎月300人限定で3,690円が1,000円になるキャンペーンを実施しています!

定期購入が条件ですが、解約や休止はいつでもOKなので心配ありません。さらに、合わなかった場合30日間の返金保証まで付いています。

アマゾンや楽天などの通販サイトではうる藍バリアの取扱はありませんし、1,000円でリスクなく試せるのはうる藍バリアの公式ページだけです!

キャンペーン価格は毎月300人先着なので、早めにチェックしてみてください♪

>>うる藍バリア公式ページをみる

このページの先頭へ