歯の残存本数と寿命の関係!歯が少ないと早死にする?

最近では歯周病は全身の病気に及ぼす影響など研究で明らかになり、メディアなどで目にすることも多くなりました。

同じように歯の残存本数と寿命の関係性についても注目を集めてきています。

お口の健康は健康寿命に欠かせない問題!歯の健康と寿命について解説します。

歯の残存本数と寿命、どう関連している?

口元を押さえる老人

「歯の本数と生存率」を15年間に渡り調査した研究によると、男性では60歳以上になると機能する歯が多い人の方が生存率が高まる傾向にあるそうです。

80歳以上になると男女ともに歯の本数の違いが明らかな生存率の差となって現れ、歯の残存本数が寿命に大きく関わっていることが分かります。

80歳の男女を対象とした福岡県の調査によると、歯が1本もない人は20本以上残っている人の約2倍も死亡リスクが高いことが分かったそうです。

日本人が歯を失う理由のナンバーワンが歯周病、次が虫歯です。

歯を失ってしまったら寿命が縮むの!?と不安になるかもしれませんが、実は一概には言えないようです。

大切なのは噛み合わせ!噛み合わせによっては総入れ歯でも寿命に関係しない

食事をする老夫婦

入れ歯や義歯になってしまったからといって、全ての人の寿命が縮む訳ではありません。

入れ歯や義歯であっても噛み合わせがよければ死亡リスクは減っています

特に大切なのが臼歯部の噛み合わせがちゃんとできているかということが重要になります。

臼歯は「きゅうし」や「うすば」と読み、平たく言ってしまえば奥歯のことです。

画像引用:コトバンク

画像引用:コトバンク

数本残った歯よりも総入れ歯の方が死亡リスクが低い

歯が数本残っている部分入れ歯の人よりも、総入れ歯の人の方が死亡リスクは低いという面白いデータもあります。

義歯の方が死亡リスクは高い、けれども総入れ歯が必ずしも死亡リスクが高い訳ではない。

今までの話を考慮すると、何だか矛盾しているような気もしますよね。

数本残っている人の死亡リスクが高い要因として、歯の手入れが行き届いていないことなどがあるようです。

歯が残っているということは、歯周病のリスクがあります。歯周病は、

  • 心血管疾患
  • 糖尿病
  • 誤嚥性肺炎

など様々な死亡リスクを引き起こすことになります。

そう考えると、数本残った歯の方が死亡リスクが高いこともうなずけます。

噛み合わせが寿命に比例する理由

奥歯の噛み合わせが寿命に影響することを前述しました。

噛み合わせが寿命に影響する理由はいくつかありますが、栄養の偏りというのも大きな原因のひとつのようです。

咀嚼機能が低下した高齢者では食物繊維,タンパク成分,カルシウム,鉄,ナイアシン,ビタミンC,ビタミンE などの摂取が低下していたという

更に8 年間で歯を5 本以上失った者(男性の医療関係者のみ対象)では,歯を1 本も失っていない者に比べて,多価不飽和脂肪酸及び食物繊維や果物の摂取が有意に少なかったという.

ビタミンC,ビタミンE,カロチン類などは抗酸化剤としての働きが指摘されているし,野菜(特に緑黄色野菜)や果物などを偏りなく摂取することが健康増進に繋がっているのかもしれない.

また,義歯装着の有無による影響についても報告が見られる.義歯装着者では,野菜や繊維性食材の摂取が少なく,ビタミンC やβカロチン量の摂取が少なかった

また,義歯未装着者並びに部分床義歯の装着者ではブリッジ装着者に比べて,野菜や果物の摂取が少なく低栄養のリスクが高かったという報告がある.

引用:健康長寿社会に寄与する歯科医療・口腔保健のエビデンス

つまり、噛めなくなることにより、食べるものに偏りが出てしまう。その結果、十分な栄養が取れなくなることが寿命が縮む原因の一つということになります。

ということは、例え義歯や総入れ歯になってしまったとしても、噛み合わせがしっかり出来ていて何でも噛める状態であれば、この点について心配しなくても大丈夫ということです。

噛み合わせは体の歪みとも関係しているという先生もいるぐらい口の中だけの問題ではなくなってます。

健康で長生きするために!歯の残存本数と医療費について

これまで、歯と寿命というテーマについて焦点を当ててきました。

歯の残存本数が多いと、その他にもメリットがあります。

歯が多ければ多いほど、歯医者にも定期的に行く必要があるし、医療費がかかるんじゃないか?って普通思いますよね?

実は、歯の残像本数が多いほど年間の医療費はかからないというデータがあります。

ここでいう医療費とは歯科治療費だけではなく、1年間の全ての医療費です。

  • 0~4本残っている人⇒年間517,400円
  • 20本以上残っている人⇒年間341,500円

参考:図解虫歯歯周病の最新知識と予防法(書籍)

1年間の差は何と、175,900円!

つまり、歯が不健康であるほど医療費は比例して高くなっているということになります。

お口の中が健康であれば体も健康である確率が高いことが分かります。

自分の歯が残っていることは長生きするためにもメリットがあるということはもちろん、結果として医療費を抑え、健康寿命を延ばすことにもつながっているのです。

まとめ

  • 歯の残存本数が多ければ寿命は延びる傾向にある
  • 大事なのは噛み合わせ!総入れ歯でも噛み合わせがよければ死亡リスクは減る
  • 健康で長生きするためにはお口の健康は大切!医療費の節約にも!

定期的に歯医者に行くことがもったいないように感じても、長い目で見ると健康面でも財政面でもメリットがあるということですね。

お口の健康ってやっぱり大事!と改めて感じました。

管理人愛用おすすめの口臭対策グッズ!

私がこれまで試した口臭対策グッズの中から厳選しておすすめをピックアップしてみました!

  1. オーラバリア

    オーラバリア口コミ

    ★ポイント★

    森永乳業の特許成分オーラバリア配合!舌苔分解酵素の抑制、歯周病菌の抑制などエビデンスあり!

    button button2

  2. うる藍バリア

    うる藍バリア口コミ

    ★ポイント★

    唾液が出やすくなる成分ポリグルタミン酸&クエン酸配合!さらに藍のポリフェノールの抗菌力で体の内側からサポートしてくれます。

    button button2

  3. 薬用オーラクリスターゼロ

    オーラクリスターゼロ口コミ

    ★ポイント★

    抗菌力の高い薬用成分配合で口臭の原因であるVSC(揮発性有機化合物)を99.7%カット!

    button button2

★→口臭対策グッズのさらに詳しいランキングを見る!

このページの先頭へ