【重曹歯磨き】歯のホワイトニング効果や安全性は?

掃除などでよく用いられる重曹が歯磨き粉としても使えると話題になっています。

重曹を歯磨き粉として使うことで虫歯予防や歯のホワイトニング効果があるのだとか。

でも気になるのがその効果や安全性などです。

重曹での歯磨きについてまとめてみました。

重曹歯磨きはおすすめできない

手で×を作る女性

結論から言うと、重曹歯磨きはおすすめしません。

ネット上では重曹歯磨きについて色んな意見が飛び交っていますが、私が調べた内容を元におすすめしない理由を説明していきます。

重曹とは

重曹のイメージ

そもそも重曹とは何なのかについて簡単に説明しておきます。

重曹とは炭酸水素ナトリウムのことです。またの名を重炭酸ソーダともいいます。

昔から安全性の高いものとして食品添加物(ふくらし粉)や医薬品(胃薬)などとして使われてきました。

加熱すると炭酸ガスを出しますが、それを活用しているのがお風呂の入浴剤です。

油脂を乳化したり、たんぱく質を分解するなどの特徴は洗剤などに活用されています。

一般的な重曹の使われ方

一般的な重曹の使われ方は様々な活用法があり、主に以下のようなものがあります。

  • 油汚れや茶渋の汚れを落とす洗剤として
  • 脱臭・消臭剤として
  • 食用として(ふくらし粉、お肉を柔らかくするなど)

巷では重曹での歯磨きが虫歯予防効果やホワイトニング、口臭予防などにも効果があるといわれているようです。

重曹歯磨きの虫歯予防効果はそれ程期待できない

歯磨きをする女性

重曹歯磨き推進派の意見として、重曹で口の中がアルカリ性になることで虫歯予防効果があるという意見があります。

虫歯が出来る原因として確かに、口の中が酸性になることが大きな原因です。

食べかすなどの糖から虫歯菌がネバネバの物質を作り出し、歯の表面に歯垢(プラーク)として張り付きます。

プラークは強い酸をつくり歯のミネラルを奪って歯の表面を溶かしてしまうのです。

これが一般的な虫歯になる流れですが、最近では食べ物に含まれる酸から虫歯になる酸蝕歯(さんしょくし)というものが問題になっています。

どちらも口の中が酸性になることが原因となります。

ですが、重曹のアルカリ性について調べてみると、

重曹のpHは8.4。炭酸ソーダ(pH11.2)やセスキ炭酸ソーダ(pH9.8)よりもアルカリ性はかなり弱く、油脂を乳化したりタンパク質を分解したりする力もあまり強くありません。

引用:石鹸百科

とあるように、重曹のアルカリ性にする力はそれほど強くないようです。

重曹歯磨きは逆に歯が着色しやすくなるリスクも

歯ブラシ

重曹にホワイトニング効果があるといわれる理由は研磨作用によるものです。

つまり、研磨シートで木材の表面をツルツルにしてキレイに見せるような流れで、歯の表面を磨いているということです。

これは、一見白くキレイになっているように見えて実は危険です。

歯科医師の先生が書いているホワイトニングの書籍では、ホワイトニング目的で重曹を歯磨きとして使用することを問題視しています。

ダメージの残る歯面には、よりプラークやステインが沈着しやすくなり、歯の白さを維持することが難しくなるだけでなく、う蝕や歯周疾患の原因にもなり得るため大変危険です。

参考書籍:みんなが知りたいホワイトニングQ&A

実際、歯医者さんの中にも研磨剤入りの歯磨き粉を推奨しない人が多いのも、歯を傷つけるリスクがあるからです。

重曹VS一般的な歯磨き粉安全性は…?

重曹推進派の意見の中には安全性が高いことがあるようです。

確かに一般的な歯磨き粉は保存料、界面活性剤などの化学物質が入っています。

虫歯を予防するといわれるフッ素も殺鼠剤の原料となるぐらい強い成分で、いくら国が認めているといえど、小さい子供に使用するのは躊躇してしまいます。

実際に歯がまだらに白くなるフッ素症になる子供もいます。

そう考えると、一般的な歯磨き粉を特に小さい子供に使いたくない気持ちも分かりますが、歯を傷つけるリスクを抱えてまでわざわざ重曹を遣う必要性もあまりないのかな…と。

最近ではフッ素や殺菌剤、界面活性剤など使用しない優秀な歯磨き粉が色々と出てきているので、そういったものを試してみるのもおすすめです。

>>子供用の安全な歯磨き粉ブリアン

(中には重曹歯磨きを長く実践していて、口内環境もよくなって何の問題もないという方や、重曹歯磨きはおすすめしないけど重曹うがいはおすすめする歯医者さんもいます。)

まとめ

  • 重曹の虫歯予防効果は巷で言われる程ない。と思う
  • 重曹のホワイトニングは歯を傷つけるリスクがある

このページの先頭へ