チョコレートで虫歯予防!?カカオポリフェノールの効果とは

あま~いチョコレートはこれまで虫歯の原因になるとされてきました。

ですが、チョコレートに虫歯予防や歯周病予防の効果があるって知っていましたか?知られざるチョコレートの効果って?

カカオポリフェノールの効果

チョコレート
チョコレートやココアの原料であるカカオ。

そのカカオは最近話題になっているスーパーフードのひとつとして数えられています。

スーパーフードとは、少ない量でも高い栄養価を摂れる食品のことで、たんぱく質やエネルギーなどに優れたサプリメントの様な働きをしてくれる食べ物なのです。

カカオも高い栄養価を含んでおり、大変注目を集めています。

カカオは、

  • ポリフェノール
  • テオプロミン
  • フェニルエチルアミン
  • 食物繊維

これらの成分が含まれます。

テオプロミンは集中力を高めたり、リラックス効果がある成分で、フェニルエチルアミンは恋愛の様な高揚感を与えてくれる成分です。

その中でもお口の健康にいい、とされているのがポリフェノールの働きです。

カカオに含まれるカカオポリフェノールとは

ココア
ポリフェノールは体の酸化を防ぐ抗酸化力が強い成分で有名ですよね。カカオポリフェノールにも老化を防ぐアンチエイジング効果があります。

カカオ(ココア)で歯周病予防

カカオポリフェノールの抗酸化力が歯周病予防に効果があるという論文も出されています。

ラットによる研究で、カカオポリフェノールが歯周組織の酸化や炎症を抑える効果が出たそうです。

チョコレートが歯の健康にいい

日本のロッテがカカオの皮から作った合成物が歯垢の形成を防ぎ、虫歯予防に役立つと発表しています。

更に、アメリカのテュレーン大学の研究者が、1日1本のチョコレートバーを食べることで歯医者いらずになると発表しています。

この研究で、なんと、ココアパウダーにはフッ化物よりも虫歯予防効果が高い抽出物があることが分かったのです。この抽出物には歯のエナメル質を強化する作用があり、ココアの抽出物を使用した歯磨き粉も開発されました。

アメリカではすでに売られていますが、それが「テオデント」という歯磨き粉。

THEODENT(テオデント) 天然カカオが歯を白く☆フッ化物なしで安心歯磨き 96g [並行輸入品]

新品価格
¥3,800から
(2016/1/12 01:07時点)

パッケージも高級感あふれますが、お値段もそれなりにお高い…。
アメリカ国内で買うと11.99ドルだそうです。

この歯磨き粉のポイントは、フッ化物を使用しておらず安全、なのに虫歯予防効果が高い、という点です。

日本ではフッ化物が基本的に推奨されていますが、フッ化物はネズミ駆除の薬にも使われているほどの劇薬なんです。少量だったら問題ない、という話みたいですが、やっぱりそんなものを口に入れるのって抵抗ある(;´・ω・)

フッ化物が入っていない歯磨き粉は子供でも安心して使えるということで、アメリカでよく売れてるみたいです。

フッ化物よりも虫歯予防効果が高いことが分かっているんだったら、わざわざフッ化物入りを選ぶ必要ありませんもんね。その点やっぱりアメリカは進んでいるなと思いました。

気になる味は、チョコレート味ではないみたいです。

日本にもある!ノンフッ化物歯磨き粉

カカオ歯磨き粉じゃなくても、フッ化物が入っていない優れた歯磨き粉はあります。

日本の会社が発見した成分で「薬用ハイドロキシアパタイト」という成分があります。

薬用ハイドロキシアパタイトもアメリカの研究所で、フッ化物と同等の虫歯抑制効果がある、と認められている成分なんです。

それが配合されている歯磨き粉が、オーラパールです。

オーラパール

開発に8年もかかったという歯磨き粉で、虫歯予防の他、

  • 歯の着色を防ぎ自然な白さにホワイトニングする
  • 歯茎の炎症を抑える
  • 口臭・歯周病予防

などの効果もあります。

私も愛用している歯磨き粉ですが、とてもおすすめです。

>>オーラパールの使用感や効果などを更に詳しく

まとめ

チョコレートが歯にいい!とはいえ、砂糖や乳製品が多く入っているチョコレートでは歯の健康によい効果は得られません。

カカオポリフェノールは乳製品などが混ざると効果が出ないことが分かっていますし、虫歯の原因となるのは、チョコレートに含まれる砂糖などです。

チョコレートはなるべく砂糖不使用でカカオ高濃度の物を選びましょう。当然、食べた後の歯磨きもお忘れなく!

このページの先頭へ