【加齢と口臭】年をとると口が臭くなる理由と予防法

年齢を重ねるごとにだんだん体の臭いが気になりだしたという人は少なくありません。

私もアラフォー世代を迎えてから口臭、体臭が特に気になるようになりました。

加齢と口臭にはどんな関連性があるのでしょうか?年を取ると口が臭くなる理由とその対策についてまとめてみました。

加齢と口臭のメカニズム

口の渇きが気になる男性

中年になると悩まされるニオイに加齢臭があります。

ひとくちに加齢臭といってもそのニオイを発する原因は様々。

頭皮や口臭、汗や脇、足の臭いにタバコ臭など、個人特有の臭いに日常の生活習慣が混ざって出来上がっているケースがほとんどです。

口の中が原因の臭い

虫歯菌

口の中が原因の臭いの場合、歯周病や虫歯を除けばほとんどの場合が菌によるものです。

お口の中の菌が食べかすや舌苔などを分解してVSCと呼ばれるガスをだします。

通常であればその菌は唾液の力によって殺菌されて、口の中は中和されていますが、加齢によって減るのが唾液の量なのです。

特に女性の場合は閉経を境に4分の1も唾液量が減る人もいるのだそうです。

口の中がドライマウス気味になると口臭が出てきます。

口の中以外が原因の臭い

加齢による口臭は口の中だけではなく、体の中に原因がある場合もあります。

体の内側から出る臭いをみていきましょう。

加齢臭の原因ノネナール

加齢臭に悩む中年男性イメージ

一般的に加齢臭といわれる臭いがノネナールといわれる物質の臭いになります。

ひなびた本の臭いや青臭いチーズのような臭いがします。

ではノネナールはどこから発生しているのでしょうか。

人は誰しも皮脂を分泌する皮脂腺を持っています。

年齢を重ねるごとに皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸が増加し、過酸化脂質という物質も増え始めます。

パルミトオレイン酸と過酸化脂質が結びつくことで分解・酸化されて出来る物質がノネナールなのです。

これは男女問わずに発生するものですが、過酸化脂質の原因となる活性酸の発生が男性の方が多いことから男性の方が臭うケースが多いようです。

年を取ると誰しも発生する可能性があるものですが、臭いがキツイ人とそうでない人がいますよね。

ノネナールを発生させる原因はストレスや食習慣などの不摂生が大きく関係しているからなのです。

不摂生を続けていると血管内のコレステロールが増えるのと同じように、皮脂腺にも脂肪酸が増えます。

脂肪酸が増えるとノネナールの量も増えることになります。

内臓機能の低下

肝臓機能の低下イメージ

年をとると昔は平気だった脂っこいものが食べられなくなったり、消化しにくくなったりと色んな不調が出てくるものです。

胃腸や肝臓、腎臓などの機能が低下することで口臭として出てくる場合があります。

病的な口臭の場合もあるので注意が必要です。

>>ニオイ別!病気からくる口臭を見分ける方法と対策

加齢臭と口臭を改善するには?

加齢による口臭は内側と外側、どちらからも対策をするのが効果的です。

臭いの改善策や便利なグッズまで紹介していきます。

外側から!お口の臭い対策

加齢による口臭対策でカギを握るのは「唾液」です。(虫歯や歯周病がないことが前提です)

唾液を出やすくするためによく噛むことを習慣づけるなどの努力は大切!

また、唾液を出しやすくするためにガムやタブレットを舐めるのも効果的です。

特に、ポリグルタミン酸やクエン酸などは唾液が出やすくなり口の中を保湿してくれる成分として有名です。

「長生きは唾液で決まる」といった歯科医による書籍も販売されているくらい、唾液は健康と長生きにも欠かせないものなのです。

内側から!加齢臭対策

加齢臭のノネナール対策としては、根本的に生活習慣を見直していくことやストレスを軽減させることが大切になります。

  • パルミトオレイン酸の原因となる肉類、マヨネーズ、バターなどの摂取を抑える
  • 活性酸素を抑える抗酸化食品(ビタミンA、C、E、カテキン、ポリフェノールなど)を積極的に摂る
  • ストレスを上手に解消する方法(入浴や趣味など)を見つける

こういった生活習慣の積み重ねを改善しようとすると結構時間が掛かります。体はそんなにすぐには変わりません。

なので、すぐに結果を求めてはダメです。

また、頑張り過ぎてそれが逆にストレスになってしまっても良くありません。

最近では色々と便利なグッズやサプリも登場しているので生活に取り入れてみるのもおすすめです。

★→体の内側から外側から!ダブルで働きかけるうる藍バリアを試してみました

まとめ

  • 加齢による口臭は頭皮や汗など総合的な生活臭であるケースが多い
  • 加齢による口臭は唾液の質を高めることが大切!
  • 口の中だけではなく、食生活の改善など内側からのアプローチも重要

自分の臭いにには自分では気づかないものです。

お子さんやお孫さんにクサイ!と言われないためにも、ステキに年を重ねるためにも臭いの対策の参考にしてみてください。

おしゃべり前のエチケットはうる藍バリアに頼ってます!

口のパサつきやネバつきが気になり、口臭が気になりだしたときに試したうる藍バリア

うる藍バリア

口の中で溶かして飲む顆粒タイプの健康食品で、藍抽出成分、ポリグルタミン酸やクエン酸、紅茶抽出成分、プロポリスなどが入っています。

うる藍バリア

口の中に入れると爽やかなレモン味。

うる藍バリア

舌の上で少し溶かす様にして飲むと、じわっと唾液が出てきます。

これは唾液を促進させるポリグルタミン酸やクエン酸による効果。唾液は天然のマウスウォッシュとも呼ばれるほど口臭対策には欠かせないものなのです!

さらに藍に含まれるポリフェノールが消化器系などを全体的にサポートしてくれます。

最近の研究で藍に含まれるポリフェノールはブルーベリーより高いことも分かり、注目されている成分。

高い抗炎症・抗酸化力で歯肉炎への効果も期待されています。

仕事中に口の乾きが気になった時、空腹時に口臭が気になる時など色んなシーンでお守りの様に使っています。

今まで色んなグッズを試してきましたが一番のお気に入り。気づいたら3箱目に突入していました

うる藍バリア

>>さらに詳しいうる藍バリアの体験談はこちら

上から香りを被せるマスキングだけではなく、唾液の分泌を促進して、お口の健康から全身の健康につなげましょうというコンセプトも気に入ってます。

アマゾンなどのショッピングサイトでは取扱ありませんので公式サイトをチェックしてみてください。定期購入で安く買えますが、初回返金保証付きなのでリスクなく試せます

>>うる藍バリア公式ページをみる

このページの先頭へ