口内フローラとは?口内フローラを改善して健康になる!

口内フローラ(口腔フローラ)という言葉が最近じわじわと話題になりつつあります。

腸内フローラという言葉は耳にする機会が増えました。口内フローラも腸内フローラ同様健康に大きな影響を及ぼすことが分かってきています。

口内フローラって一体何?口内フローラを活用した新たな健康法について詳しく解説していきます。

口内フローラ(口腔フローラ)とは?

腸内フローラという言葉は一度は耳にしたことがあるかもしれません。

私たちの腸内には1人当たり1,000種類以上、100兆個以上の腸内細菌が生息しています。

お花畑の様に色とりどりの菌が生息していることから腸内フローラと呼ばれています。

  • 悪玉菌…増えすぎると体に悪影響を及ぼす
  • 善玉菌…悪玉菌が増えすぎないように戦ってくれる
  • 日和見菌…どちらにも当てはまらないが強い方に加勢する菌

これらの菌がバランスを保つことで腸内の環境は保たれています。

口内フローラもこれと似たような考え方です。

口の中にも700種類以上の様々な菌がいます。

虫歯の原因になる菌や、歯周病の原因となる菌、それらを防いでくれる菌など口の中でバランスをとってくれています。

口内フローラに欠かせない唾液

口内フローラを整える上で欠かせないのが唾液の役割です。

先日、NHKのあさいちで口内フローラの特集で、「口内細菌」を「校内細菌」と例えて分かりやすく説明していました!

校内(口内)の風紀を乱す不良、ジンジバリス菌は歯茎を炎症させたり、口臭の元となる菌です。

校内環境のイメージ

そこに優等生的な菌であるミティス菌(抗菌作用をもつ)が注意に入ります。

二つの菌が喧嘩を始めたところに唾液先生の登場!

唾液先生2

喧嘩の仲裁に入って、校内(口内)の環境を保っているのです!

唾液に含まれるリゾチームやラクトフェリンなどの成分がバランスを整えるのに効果を発揮しています。

ところが、歯磨きがちゃんとされずに、食べ物の糖が歯に残ったままの状態だと、優等生だったはずのミティス菌が機能しなくなります。

不良のジンジバリス菌など他の様々な菌と一緒に歯にこびりついて、歯垢となります。そして、歯の表面にバイオフィルムという膜になってこびり付きます。

バイオフィルムになってしまうと、唾液先生がその中に入れなくなってしまうのです!

もう不良の菌たちが増殖して大変なことになります!

バイオフィルム1mgの中にはなんと1億個以上の細菌が含まれているそうです。

歯を溶かして虫歯になったり、歯茎が腫れて歯周病になりやすくなったり、口臭の原因にもなります。

唾液先生にきちんと風紀を保ってもらうには、歯に汚れを残さないための歯磨きがとても大切なのです。

口の中の細菌が引き起こす怖い病気

口内フローラの研究が進み、口内フローラと全身の健康についても注目されるようになりました。

口内細菌が全身の健康に影響する病気は大きく分けて二通りあります。

  • 虫歯や歯茎の炎症から細菌が血管に侵入し、病気を誘発する
  • 歯周病の歯肉の炎症から産出される炎症物質サイトカインが病気を誘発する
口内細菌がもたらす病気

画像引用:NHKあさイチ

口の中が原因でこんなにたくさんの病気を引き起こす可能性があるんです!

虫歯菌と脳出血の関連性

国立循環器病研究センターと大阪大学大学院歯学研究科の研究では、虫歯菌であるミュータンス菌と脳出血の関連性を研究しています。

通常は,損傷を受けた内皮は,露出したコラーゲンと血小板とが反応して止血へと向かうと考えられます(図左).しかし,血液中にコラーゲン結合能を有し,血小板凝集を阻害するTW295株のような菌が侵入すると,菌が出血部に集積してしまい,出血を悪化させるというメカニズムが想定されました(図右).

また,TW295株が強い負の菌体表層電荷を有することも,このメカニズムに関連している可能性が示唆されました.

TW295株以外の血清型 k 型の菌株でも検討した結果,このメカニズムによって,脳出血が悪化する可能性が示唆されました

引用:大阪大学大学院歯学研究科

大阪大学歯学研究科との共同研究で、齲蝕原性菌(通称、虫歯菌)が脳出血の強い危険因子となることが明らかになりました。

引用:国立循環器病研究センター

このように、口の中の細菌が様々な重大な病気をもたらす可能性について色んな研究が進んでいます。

もはやたかが虫歯、たかが歯周病なんて言っていられないのです。

口内フローラを活用した新たな健康法

ここまで口内細菌がもたらす悪影響について説明してきましたが、口内環境を整えるために口内細菌を利用するという考え方も浸透してきています。

それが「プロバイオティクス」という考え方です。

これまでの医療では、強い薬で悪玉菌を殺菌するというやり方でした。ですが、これでは体にいい菌である善玉菌まで殺菌してしまうというデメリットがありました。

また、いくら強い薬を開発しても菌が耐性をつけてしまい、薬が効かなくなるというイタチごっこ状態に陥っていました。

それなら、善玉菌を増やすことで悪玉菌を抑制させ、菌のバランスを整えようというのがプロバイオティクスの考え方です。

良くも悪くも人は菌と共存していく必要がありますから、とても合理的な方法だと思います!

口内フローラを整えるおすすめグッズ

プロバイオティクスを活用した色んな商品が発売されています。

口内フローラを整える子供用歯磨き粉

虫歯菌を持たない2%の子供の口の中にいるという善玉菌BLIS M18を活用した子供用の歯磨き粉があります。

ブリアン
>>ブリアンの詳細

子供は親や周りの虫歯菌に感染することで虫歯になりますが、虫歯菌に感染してしまってからでもBLIS M18を活用することで虫歯になりにくくします。

>>BLIS M18とは?効果や安全性など徹底解説!

まとめ

  • 口内には700種類以上の色とりどりの菌がいて、お花畑に似ていることから口内フローラと呼ばれる
  • 口内フローラが乱れることで全身の様々な病気になるリスクがある
  • 唾液がちゃんと出ることや、きちんとしたブラッシング習慣はとても大切!
  • 口内フローラを活用したグッズやプロバイオティクスの考えも広まっている

口内フローラに関するおすすめ文献

一生 虫歯・口臭に悩まない新ルール: 98%の歯医者ですら知らない 奇跡の善玉菌ブリス

管理人愛用おすすめの口臭対策グッズ!

私がこれまで試した口臭対策グッズの中から厳選しておすすめをピックアップしてみました!

  1. うる藍バリア

    うる藍バリア口コミ

    ★ポイント★

    唾液が出やすくなる成分ポリグルタミン酸&クエン酸配合!さらに藍のポリフェノールの抗菌力で体の内側からサポートしてくれます。

    button button2

  2. 薬用オーラクリスターゼロ

    オーラクリスターゼロ口コミ

    ★ポイント★

    抗菌力の高い薬用成分配合で口臭の原因であるVSC(揮発性有機化合物)を99.7%カット!

    button button2

  3. オーラルデント

    オーラルデント口コミ

    ★ポイント★

    森永乳業の特許成分オーラバリアに加え、様々な健康成分配合。試しやすい価格

    button button2

★→口臭対策グッズのさらに詳しいランキングを見る!

このページの先頭へ