ニオイ別!病気からくる口臭を見分ける方法と対策

口臭の原因は様々なところにあります。

最も多い原因が口の中の問題(虫歯、歯周病、舌苔)ですが、その他に口の中以外の病気や不調でも口臭が出る場合があります。

体の中の病気による口臭や不調のニオイの特徴とそれを見分ける方法・対策についてご紹介します!

なお、記事中紹介する内容は書籍等信頼のおけるソースにて調べた内容によりますが、情報の活用については個人の責任においてお願いいたします。

こんなニオイに注意!病気が疑われる口臭は?

口臭を気にする男性

虫歯でも歯周病でもないのに口臭がする、そんな場合は体の中に何か問題があるかもしれません。

ニオイの特徴別に考えられる病気をみていきましょう。

甘酸っぱい、リンゴの腐ったような臭い

腐ったリンゴのイメージ

甘いような酸っぱいような臭いがするときは糖尿病の疑いがあります。

腐った卵のような臭い

腐った卵のイメージ
胃腸の病気(胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など)の場合、腐った卵の様な独特の臭いがします。

消化不良のため、食べ物が体の中で異常発酵し、臭い物質が腸管で吸収され、血流に乗って体内をめぐります。

毛穴などから汗などに混じって出ると体臭として感じますし、臭いを含んだ血液が肺に達すると口臭として出てきます。

また、卵が腐った臭いは、口の中で作られるVSCと総称されるガスである場合もあります。

ネズミ臭、カビ臭い、ドブのような臭い

ドブのイメージ

肝機能の低下や慢性肝炎などがあると、カビ臭やネズミ臭、ドブの様な臭いがするといわれています。

肝臓の主な働きは以下の通り。

  • 食べ物からとった糖・たんぱく質・脂肪を蓄えて必要な時にエネルギーとして供給する
  • アルコールや薬、老廃物などを解毒し無毒化する
  • 老廃物を流す胆汁を生成する。胆汁は脂肪の消化吸収を助ける消化液でもある

肝機能が低下することで、老廃物の解毒がうまくなされずに臭いが出ます。

腐った肉のような臭い

腐った肉のイメージ

鼻や喉の病気(蓄膿症、鼻炎、扁桃腺炎など)や呼吸器系の病気(肺炎、気管支炎など)の疑いがあります。

また、口内炎や歯肉炎、歯周病など口の中が原因の病気でもこのような臭いがする場合があります。

アンモニア臭

アンモニアのツンと鼻につくような臭いは腎臓機能の低下や、尿毒症の疑いがあります。

尿の臭いも色々で、糖尿病の場合は甘酸っぱい尿臭、フェニルケトン尿症ではカビ臭いネズミの様な尿臭、メープルシロップ尿症の人からはホップのような尿臭がすることがあるそうです。

膀胱炎や尿道炎になると尿自体のアンモニア臭が強くなるなどがあります。

ケトン臭(甘酸っぱい臭い)

ケトン臭のイメージ

ケトン臭はまたの名をダイエット臭、飢餓臭ともいわれます。

ケトン臭が出てくるまでには3段階のステップがあります。

  • 汗臭さを強くしたような体臭
  • 汗のアンモニア臭が強くなる
  • 甘酸っぱいケトン臭が口臭、体臭、尿臭に出る

食事制限をするような無理なダイエットを続けると炭水化物やたんぱく質が不足し、体内が飢餓状態になります。

そこで貯蔵していた中性脂肪が使われることになるのですが、このとき中性脂肪が臭いを発する脂肪酸に変化するのです。

初期段階の汗臭さを強くしたような体臭、ダイエット臭が出てきます。

第二段階に入ると汗臭さと前後してアンモニア臭が強くなります。

体内に酵素が行きわたらないままエネルギーを不完全燃焼させると、疲労物質である乳酸が生成されます。

乳酸はアンモニアと一緒に汗として出る性質があり、これが汗のアンモニア臭を強くする原因になります。

そして最終段階に入ると甘酸っぱいケトン臭が出てきます。

空腹のまま体内の脂肪を燃焼し続けると、脂肪酸は今までよりもさらに臭いの強いケトン体を生成します。

ケトン体は飢餓や糖尿病などで糖が不足した状態にあるときエネルギーとして使われるもので、肝臓で合成される物質なんだそうです。

前述したように糖尿病の疑いがある場合甘酸っぱい臭いがするのはこれが理由なんです。

体を動かさずに断食に近いダイエットを続けるとケトン臭が口臭として出てきて、その次に体臭、尿臭として出てくることになります。

病気が疑われる口臭、解決策は?

危険信号のイメージ

口臭、体臭は病気のサインかもしれません。

口の中に何も問題がないのに臭いがする場合はいちど病院で診察されることをおすすめします。

病気であることが分かればその病気を治療すれば臭いについては解決することが出来るはずです。

ですが、病院に行っても何も問題がないと言われた…口臭の原因が何なのか分からない!と悩んでいる方が一定数いらっしゃいます。

病院では病気と判断するほど悪くはない、けれど体の機能がどこか低下している、不調があるといった状態。

漢方でいうところの未病のような状態かもしれません。

もしくは、ストレスなど自律神経系から来ているかもしれません。

こういった場合の原因を突き止めるのは難しい場合が多いのです。

原因不明の口臭には健康食品など臭いを和らげるサプリメントを飲みながら、食生活など生活習慣の改善を少しづつ対策をとっていく方法をおすすめします。

長年の悪習慣の積み重ねが体の不調を招くように、健康的な体を取り戻すには時間がかかるのかもしれません。

管理人愛用おすすめの口臭対策グッズ!

私がこれまで試した口臭対策グッズの中から厳選しておすすめをピックアップしてみました!

  1. オーラバリア

    オーラバリア口コミ

    ★ポイント★

    森永乳業の特許成分オーラバリア配合!舌苔分解酵素の抑制、歯周病菌の抑制などエビデンスあり!

    button button2

  2. うる藍バリア

    うる藍バリア口コミ

    ★ポイント★

    唾液が出やすくなる成分ポリグルタミン酸&クエン酸配合!さらに藍のポリフェノールの抗菌力で体の内側からサポートしてくれます。

    button button2

  3. 薬用オーラクリスターゼロ

    オーラクリスターゼロ口コミ

    ★ポイント★

    抗菌力の高い薬用成分配合で口臭の原因であるVSC(揮発性有機化合物)を99.7%カット!

    button button2

★→口臭対策グッズのさらに詳しいランキングを見る!

このページの先頭へ