マウススプレーで口臭予防!効果的な使い方とおすすめのマウススプレー

口臭対策グッズって色々ありますよね。歯磨き粉やマウスウォッシュ、サプリやタブレットなど。

手軽に使えるものや成分にこだわったものまで優秀なグッズは色々あります。

ですが、自分の口臭原因にあったものを使わないとせっかく対策をしてもあまり意味がありません。

今回は口臭予防対策におすすめのマウススプレーと効果的な使い方をまとめてみました。

自分の口臭原因を知る!最も多いのは菌によるもの

虫歯菌イメージ

口臭の原因って実に様々なものがあります。ですがその中でも最も多いのが口の中が原因によるものです。

  • 虫歯
  • 歯周病

これらの病気的なものを除いて8割の原因を占めるのが「生理的口臭」というものです。

生理的口臭は寝起きや空腹時など唾液量が減るタイミングで誰にでも起こる口臭なのですが、それを引き起こしているのは口の中の菌です。

菌が舌苔や食べかす、剥がれ落ちたたんぱく質などを分解してガスを出しているんです。

通常は唾液が殺菌したり口内環境を整えてくれるのですが、唾液が少ないときはどうしても口臭が出やすくなってしまいます。

マウススプレー選びの注意点!そのマウススプレーホントに効果ある?

マウススプレーを選ぶときにどんなことを注意して見ているでしょうか?

  • 使用感、すっきり感
  • 成分
  • 価格

色々あると思いますが、一番大事なのはやっぱり成分です。

口臭のほとんどの原因が菌によるものだと先ほど説明しましたが、それが分かれば自分に必要なのはどんなものかが分かってくると思います。

ドラックストアやコンビニで数百円で買えるマウススプレーは基本的にマスキング効果しかありません。

つまり、ニオイを別の香り(ミントなど)でカバーして誤魔化すというもの。

これは一時的には爽快感があったとしても香りは持続しませんし、口臭のニオイと混ざり合ってイヤなニオイが増す危険性もあります。

実際、私が学生の時に常にマウススプレーを使っている友人がいましたが、彼女に近づくといつも独特のミントの香りがして、不快に感じたことがあります。

また、市販のマウススプレーは爽快感を増すためにアルコールが入っているものが多いです。

アルコールは使い過ぎると唾液が出にくくなるので注意が必要です。

おすすめのマウススプレー

ただマスキングするだけではなく口の中の菌を殺菌する効果があるマウススプレーが「オーラクリスターゼロ」です。

オーラクリスターゼロ口コミ

高い殺菌・抗菌成分が配合されていているのが特徴の薬用マウススプレーです。

  • セチルピリジニウムクロリド・・・高い殺菌力を持つ薬用認可成分
  • シメン-5-オール・・・口内を抗菌する薬用認可成分
  • アラントイン・・・抗炎症作用に優れた薬用認可成分

1,000円以上する品質のいい歯磨き粉にはよく含まれる成分です。

1日9プッシュほどを目安にスプレーします。このマウススプレーですが、VSC(口臭の原因になるガスの総称)を99.7%カットできるんだそうです。

>>オーラクリスターゼロ公式ページをみてみる

マウススプレーの効果的な使い方

私の場合、マウススプレーは主に外出先で使用しています。

なるべく舌のうえにスプレーするようにして、ランチ後など歯磨きできない時は特に重宝しています。

オーラクリスターゼロを購入した時に舌ブラシがおまけでついてきたのですが、あまりに舌苔が厚く付いている場合は優しく舌苔を掃除してからスプレーするといいと思います。

オーラクリスターゼロ口コミ

ただ舌はホントにホントに繊細な場所なのでゴシゴシ擦るのは厳禁!

舌の上の味蕾という組織が傷つき破壊されると口臭はますます悪化しますし、最悪味覚障害に陥ることもあります。

でも舌苔こそが口臭の原因であることも事実です。なので、すーっと舌の上をなぞるように優しくやさーしく取ってあげるとマウススプレーの効果をさらに高めてくれると思います。

オーラクリスターゼロは先端が細くなっているので狙った場所に的確にスプレーできるのも使いやすいですね^^

>>オーラクリスターゼロ公式ページをみてみる

>>管理人のオーラクリスターゼロさらに詳しい体験談はこちら

このページの先頭へ