早産のリスクは口の中にある!?妊婦と歯周病の関係

妊娠期はつわり等で辛く、口の中のケアなんて出来ない…と思われるかもしれません。

ですが、妊婦こそ虫歯や歯周病対策を怠ってはいけないのです!
歯周病の進行で早産リスクも…!

妊娠で口内環境が変わる

妊娠中は女性ホルモンの変化や唾液の分泌量や質の変化で口内環境が変わりやすいと言われます。

それにより虫歯が出来やすくなったり、歯周病になりやすくなったりします。

また、つわり等で歯ブラシを口に入れるのも辛いという状態になりお口のケアが疎かになることで、虫歯や歯周病になりやすいなど悪循環に陥ることもあります。

ですが、妊娠中こそお口のケアはしっかりするべきなのです。

妊婦と歯周病

歯周病で早産のリスクが高まる!?

41e4df2a4631b84509adaebc6a11eed2_sのコピー
歯周病が早産や低体重児出産のリスクであることが明らかになってきています。

歯周病の炎症部位からサイトカインという化学物質が発生し、血液を経由して子宮に到達します。この物質が出産を促してしまうのだそうです。

飲酒や喫煙よりも歯周病!

7916975c58ade268839f3ced9ff0f91b_s
早産や低体重児出産のリスクは年齢によるものや、飲酒や喫煙など生活習慣によるものなど様々です。

飲酒や喫煙が妊娠によくない!というのは常識的に知っている人も多いと思います。

なんと、
飲酒や喫煙よりも歯周病が早産、低体重児出産をもたらすリスクが高いのです。

特に初産で歯周病だった場合はリスクが高まるのだそう。

妊婦の親知らずが腫れる理由

親知らずはさっさと抜くべきだという歯医者もいますが、特に悪い症状がなければ放っておいていいという歯医者もいるし、見解は様々。

ですが、妊娠した時に限って親知らずが腫れて痛い!と歯医者に駆け込んでくる女性が多いのだそうです。

親知らずが歯ぐきの中に埋まっていたり、斜めに生えていたりなどする場合に多く、歯周菌が感染している状態なのです。

炎症が早産リスクを引き起こす為、治療はしなくてはいけません。
でも麻酔や痛みどめの抗生物質を飲むのも抵抗がありますよね。

抗生物質や麻酔も妊娠8週以降であれば問題はないそうですが、
問題を起こしそうな親知らずがある場合、妊娠前にさっさと抜いておいた方がいいかもしれません。

私も歯ぐきに埋もれていて、しかも横に生えているという問題児が2本もありましたが20代の内にさっさと抜いてしまいました。

歯ぐきを切開し、横に生えた歯を切断し、引っこ抜く…というまぁまぁの手術で、めちゃめちゃ腫れましたが…(;´∀`)

不妊治療で歯周病が悪化する!

不妊治療で女性ホルモンを投与されると歯周病が悪化する場合があります。
せっかく不妊治療で子供を授かっても、歯周病のせいで早産、低体重児出産のリスクが高まってしまうのです。

そんなことになってしまっては本末転倒なので、妊娠を考える前に是非歯周病対策をやるべきなのです。

妊娠を考える前に歯周病対策を!

63c0432e1ffec0873715b5ec69f80f86_s
歯周病は口臭の原因にもなりますが、様々な病気の原因にもなります。
そして何より、赤ちゃんにまで影響を与えてしまいます。
歯周病菌の感染経路は?知って得する歯周病の話

歯周病はブラッシングなど日々のケアで改善出来る病気です!
生まれてくる赤ちゃんの為にもお口のケアをしっかりやりましょう♪

管理人愛用おすすめの口臭対策グッズ!

私がこれまで試した口臭対策グッズの中から厳選しておすすめをピックアップしてみました!

  1. うる藍バリア

    うる藍バリア口コミ

    ★ポイント★

    唾液が出やすくなる成分ポリグルタミン酸&クエン酸配合!さらに藍のポリフェノールの抗菌力で体の内側からサポートしてくれます。

    button button2

  2. 薬用オーラクリスターゼロ

    オーラクリスターゼロ口コミ

    ★ポイント★

    抗菌力の高い薬用成分配合で口臭の原因であるVSC(揮発性有機化合物)を99.7%カット!

    button button2

  3. オーラルデント

    オーラルデント口コミ

    ★ポイント★

    森永乳業の特許成分オーラバリアに加え、様々な健康成分配合。試しやすい価格

    button button2

★→口臭対策グッズのさらに詳しいランキングを見る!

このページの先頭へ