お口の乳酸菌で口内環境を改善する歯磨き粉まとめ

人の体の中で最も菌が多いのが腸内、そして次に多いのがお口の中です。

最近では乳酸菌を活用した様々な商品が販売されていますが、口内環境の改善にもお口の乳酸菌は効果を発揮してくれます。

お口の乳酸菌の種類や効果、そして乳酸菌配合の歯磨き粉をまとめました。

乳酸菌を活用する!プロバイオティクスとは?

プロバイオティクス説明イメージ

プロバイオティクスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

本題に入る前にプロバイオティクスの考え方について少し解説します。

人の腸や口の中には何億という細菌がいます。細菌の中には増えすぎると体に悪影響を及ぼす悪玉菌もいれば、それらをコントロールしてくれる善玉菌もいます。

悪玉菌と善玉菌がバランスをとりながら共存している訳です。

ところが、加齢やストレス、生活習慣などにより善玉菌の数は減ってきます。

さらに、悪玉菌をやっつけようと、外から殺菌・除菌を行うことで体に良い影響を与える善玉菌までいなくなってしまうのです。

であれば、本来体に備わっている善玉菌を体に取り入れてバランスを整えよう!というのがプロバイオティクスの考え方です。

また、国連食糧農業機関・世界保健機関(FAO/WHO)では「十分な量を投与すれば宿主の健康に利益を与える生きた微生物」と定義されています。

もともと体に備わっている菌ですから安全性も高いのがメリット!

善玉菌の代表格的な存在が乳酸菌ですが、乳酸菌といってもかなりの種類があります。

お口の環境を改善してくれる乳酸菌をまとめてみました。

お口の乳酸菌主な種類と効果

お口の乳酸菌は健康な人の唾液や口の中から発見された菌です。

虫歯や歯周病予防の効果があるものがほとんどで、虫歯や歯周病予防をすることで結果的に口臭の改善にもつながります。

乳酸菌L8020

乳酸菌L8020は、広島大学の二川教授が発見した菌で、テレビで取り上げられてから話題になりました。

主な効果は、虫歯・歯周病予防です。

  • L8020菌配合のヨーグルトを2週間食べた人の8割以上で虫歯菌が減少した
  • 歯周病菌のLPSという毒素を不活性化することができ、4~8割の歯周病菌が減少
  • カンジタ菌を壊す力もあり

開発されている商品はヨーグルトやマウスウォッシュ、タブレットが中心です。

乳酸菌LS1

乳酸菌LS1はポテトチップスでお馴染みのコイケヤと東海大学の古賀教授との共同研究で発見された乳酸菌です。

主な効果は虫歯・歯周病予防です。

  • ジンジバリス菌を含む3種の歯周病菌が24時間で死滅
  • 虫歯菌を作り出す不溶性グルカンが減る

商品ではタブレットが中心でコイケヤが販売している「乳酸菌LS1」やライオンの歯科専用商品「オーラルヘルスタブレット」にも配合されています。

虫歯予防よりは、歯周病ケアと口臭予防に強い乳酸菌というイメージです。

WB2000乳酸菌

わかもと製薬により取り扱われる乳酸菌がWB2000です。

主な効果は歯周病菌の抑制や歯垢付着防止することによる虫歯予防ですが、最近ではWB2000のドライアイ改善効果も発表されています。

WB2000乳酸菌のお口への効果としては以下の通りです。

  • 歯周病菌の抑制
  • 虫歯の原因となる不溶性グルカンの抑制
  • 歯垢の付着改善

WB2000乳酸菌の歯磨き粉は販売されています。商品の詳細については後ほど解説します。

ブリス菌(BLIS M18)

BLISM18

ブリス菌はニュージーランドオタゴ大学のジョン・タグ博士によって発見された菌です。

ブリス菌の中にもいくつか種類があり、ブリスK12とブリスM18があります。ブリスM18は後から発見された菌です。

  • 虫歯の原因菌ミュータンス菌を減少させる
  • バイオフィルムの元となる物質を溶かす酵素を作る
  • 口の中を酸性からアルカリ性へ導く
  • 歯周病など炎症を引き起こす物質の抑制

ブリス菌の商標権を持つブリステクノロジー社から権利を受けて世界で唯一、ブリス菌を配合した歯磨き粉が販売されています。

乳酸菌種類別おすすめ歯磨き粉

今の所お口の乳酸菌を活用した商品はタブレットが主流で歯磨き粉はそれほど多くないイメージです。

乳酸菌を生きたまま口に届ける為に歯磨き粉に加工する難しさがあるのかもしれません。

乳酸菌配合のおすすめ歯磨き粉を紹介します!

WB2000乳酸菌配合歯みがき粉わかもと製薬のアバンビーズ

生きたWB2000乳酸菌を配合した歯磨き粉わかもと製薬の「アバンビーズ」

画像引用:わかもと製薬

画像引用:わかもと製薬

パッケージにある通り、口臭予防効果を主な目的とした歯磨き粉です。

アバンビーズを用いた臨床実験結果では以下の記載を見つけました。

WB2000株配合歯磨剤による口腔清掃は,唾液量の増加,唾液緩衝能の改善,プラーク付着抑制,S. sobyinusの繁殖抑制などの口腔衛生改善効果があり,う蝕予防に役立つ可能性が示唆された.

引用:乳酸菌配合歯磨剤(アバンビーズ^[○!R])の口腔衛生改善効果についての臨床研究

唾液量は口内環境を整える為に欠かせないものなので唾液量が増えるという結果は素晴らしいですね!

ただし、歯周病菌の抑制についてはあまり変化がみられなかったようです。また、生きたWB2000乳酸菌が配合されているとのことですがどのくらいの量が入っているかなどの情報は得られませんでした。

アバンビーズはドラックストアなどではあまり見かけませんがアマゾンで購入できます。

>>アバンビーズをアマゾンでみてみる

ブリス菌配合歯みがき粉ウィステリア製薬のブリアン

ブリス菌は海外で発見された菌ということもあり、あまり日本では知名度がありませんが、30年以上研究されていて、海外では関連商品が色々販売されています。

ブリス菌を世界で初めて歯磨き粉に配合したのがウィステリア製薬の「ブリアン」です。

ブリアン

子供用と大人用があります。

熱と水に弱いブリス菌を生きたまま口の中に届けるため、ブリアンは粉の歯磨き粉になっています。

子供用は子供が喜ぶイチゴ味でブリスM18配合。大人用はミント味で、ブリスM18に加え、口臭や歯周病対策としてブリスK12も配合されています。

>>ブリス菌のさらに詳しい説明はこちら

歯みがき粉にしては少しお高めですが、殺菌剤、界面活性剤、発泡剤などは一切使われおらず、大人も子供も安心して使用できる歯磨き粉です。

>>子供用ブリアンの詳細をみてみる

>>大人用ブリアンの詳細をみる

まとめ

お口の環境を整えてくれる乳酸菌について紹介しました。

これまでの殺菌・除菌をする歯磨き粉では、本来お口に必要な菌までいなくなってしまいます。

お口の中は粘膜がむき出しで、皮膚よりも何倍も体に吸収してしまう部分です。それなのに、殺菌するパワーが強い歯磨き粉やマウスウォッシュを使うのがいい方法といえるでしょうか?

もともと備わっている善玉菌のチカラを利用しない手はありません!

ヨーグルトを食べる様にお口の乳酸菌を活用した歯磨き粉が今後さらに広まると思います。

このページの先頭へ