オーラクリスターゼロの効果を実際に使って評価してみました

口臭対策ができるマウススプレー「オーラクリスターゼロ」を使ってみました。

オーラクリスターゼロは口臭対策の他に歯周病や虫歯予防、歯のホワイトニング効果まであるというスプレーですが、実際のところどうなんでしょうか。使ってみて率直に評価してみました!

オーラクリスターゼロとは

健康食品や美容関連の商品を取り扱う会社ソシアが販売しているオーラクリスターゼロ

オーラクリスターゼロ
オーラクリスターゼロ公式ページ

一般的にドラックストアなどで売られているマウススプレーとは違い薬用成分が配合されているのが特徴です。

この一本で

  • 口臭予防
  • 歯周炎、歯肉炎予防
  • 虫歯予防
  • ホワイトニング

と、こんなにたくさんの効果が期待できるというマウススプレーです。

テレビCMでやっていたのを見て気になり早速使ってみることにしました。

>>薬用オーラクリスターゼロ詳しくはこちら

オーラクリスターゼロを使ってみました

オーラクリスターゼロが届きました。

オーラクリスターゼロ口コミ

おまけの舌ブラシも付いてきました!

オーラクリスターゼロ口コミ

オーラクリスターゼロの使い方

使い方としては食後などに口の中にスプレーを吹きかけるだけ。1日9プッシュくらいが目安だそうです。

オーラクリスターゼロ口コミ

舌に直接スプレーしてもOKで、その後舌ブラシで掃除すると効果的だそうです。

また、歯ブラシに2~3プッシュスプレーして歯磨きしてもいいみたいです。

スプレー部分が飛び出た設計になっているので、的を絞ってスプレーしやすく使いやすいです。

オーラクリスターゼロ口コミ

私はランチ後に歯磨きが出来ない時や、口の粘つきが気になった時に都度3~4プッシュぐらいする感じで使っています。

蓋付きですし手のひらサイズなのでポーチに入れて主に外出先で使っています。

オーラクリスターゼロの味

内服液じゃないので飲まないようにしないといけないのですが、味は一般的なマウススプレーと変わらないミント系のさっぱりした感じです。

ピリッとした刺激はなくて、すーっと爽やかな香りが広がる使い心地です。

オーラクリスターゼロの成分から見る効果

オーラクリスターゼロが一般的なマスキング効果のみのマウススプレーと違う点は薬用成分が配合されているところです。

オーラクリスターゼロ成分

  • セチルピリジニウムクロリド・・・高い殺菌力を持つ薬用認可成分
  • シメン-5-オール・・・口内を抗菌する薬用認可成分
  • アラントイン・・・抗炎症作用に優れた薬用認可成分

セチルピリジニウムクロリドはCPC(塩化セチルピリジニウム)とも呼ばれる成分で、薬用の歯磨き粉などに配合されている成分ですね。シメン-5-オールはイソプロピルメチルフェノールのことで、これも歯磨き粉に含まれているのを見たことがあります。

アラントインは弱った歯茎の組織を修復する効果があるとして歯周病対策の歯磨き粉などによく配合されています。

口臭の原因の8割は口の中にある

そもそも口臭の原因は何なのかをご存知でしょうか。

胃が悪いのが原因と思っている人も多いのですが、実は口臭で悩む人の原因はほとんど口の中にあります。

虫歯や歯周病はもちろんですが、生理的口臭といってどんな人でも時間帯や状況によって起こる口臭があります。

そのカギを握るのが唾液。唾液量が減る寝起きや空腹時、ストレス時などが口臭が出やすくなります。

唾液には口の中の菌が増えすぎないように中和してくれる作用がありますが、唾液が減った時に菌が口の中のたんぱく質などを分解してガスを出します。

このガスのことを揮発性硫黄化合物(VSC)といいます。このVSCこそが口臭のイヤなニオイの原因なんです。

薬用成分が配合されているオーラクリスターゼロはこのVSCを99.7%カットできるというデータがあるそうです。

一般的なマウススプレーと成分を比較してみた

一般的なマウススプレーと比較するとどんな違いがあるんでしょうか。

オーラクリスターゼロとオーラツー比較

ドラックストアで気軽に買えるオーラツーのマウススプレーと成分を比較してみました。

オーラツーマウススプレー オーラクリスターゼロ
有効成分:L-メントール

その他の成分:エタノール、濃グリセリン、POE硬化ヒマシ油、香料、サッカリンNa、クエン酸Na、無水クエン酸

有効成分:アラントイン、セチルピリジニウムクロリド、シメン‐5‐オール

その他成分:キシリトール、クエン酸Na、茶エキス、ウーロン茶エキス、ドクダミエキス、メントールほか

オーラツーに含まれるメントールはオーラクリスターゼロにも含まれていますが、この成分は清涼感を与えることが目的で、抗菌・殺菌などの作用はさほど期待できません。

オーラクリスターゼロは通常4,880円と少しお高めなのですがこうやって成分を比較してみると、マスキング効果のみの一般的なマウススプレーとは違うなと感じます。

オーラツーは300円くらいで買えて手軽ですが、それなりの成分しか入っていませんし、その場しのぎの効果なのかなと思います。

オーラクリスターゼロの総合評価

実際使ってみて私なりにオーラクリスターゼロを評価してみました。

口臭予防
口臭の原因であるVSCを抑えるデータもあり信頼できる
舌苔対策に使える
歯周炎・歯肉炎予防
アラントインなど歯周対策成分が含まれるものの歯周炎・歯肉炎にはやはりブラッシングが効果的
虫歯予防
虫歯予防効果もブラッシングによると記載があり、当然歯磨きなしには虫歯予防は期待できない
ホワイトニング
これもブラッシング時の効果。ホワイトニング製品に含まれるポリリン酸ナトリウムが配合されているもののそこまで期待できないと感じる
価格
定期コースで申し込めば最大半額に!
いつでも中止・解約できるので試しやすい

私の正直な感想をまとめました。

歯周炎・歯肉炎、虫歯やホワイトニングといったところは付属的な効果で、歯磨きをすることが前提なので、オーラクリスターゼロ自体の効果というと違うような気がします。

ですが、オーラルケアには当然ブラッシングが大切なのは言うまでもありません。

歯垢はちゃんとブラッシングをしないと落とせませんから、歯磨きをしないと虫歯や歯周病からは逃れられないのです。歯磨きをせずにオーラクリスターゼロで口臭対策をしたいというのは本末転倒です!

私の場合はちょっと口が乾燥して臭うかな、という時や食後に歯磨きが出来ない時など補助的に使っています。

40代、50代と年を重ねるごとにニオイ問題は他人事じゃなくなりますよね。

特に年を取ると唾液量は年々減ると言われていますし、最近では若い人でもドライマウス気味の人が増えていると言われています。

唾液が減るということは口の中は菌が増えるので、揮発性硫黄化合物(VSC)が増えることも避けられないのです…。

口臭が気になる時にガムやマウススプレーを使っているという人は、マスキング効果だけじゃないオーラクリスターゼロに切り替えてみてもいいかもしれません。

>>薬用オーラクリスターゼロ公式ページはこちら

このページの先頭へ