差し歯が臭い!原因と対策について

ちゃんと歯を磨いているのに差し歯が臭い気がする、こんな経験ないでしょうか?

差し歯は虫歯にはなりませんが、差し歯だからといってケアしないと口臭の原因になってしまいます。

差し歯の臭いの原因と対策についてまとめてみました。

差し歯が臭い原因

差し歯のイメージ

私も前歯の1本が差し歯です。

長年の歯ぎしりが原因で、前歯に負担が掛かってしまい、歯の神経が死んでしまったため差し歯にしました。

差し歯にして数年経ちますが、たまに差し歯から変な臭いがしていると感じることがあります。

花瓶を放置した臭いのような不快な臭い…

差し歯が臭くなる原因として以下のことが考えられます。

  • 歯茎が歯肉炎の状態になり炎症を起こしている
  • きちんと歯磨きが出来ていないところにバイオフィルムが溜まっている

歯茎が歯肉炎を起こしている

差し歯は通常の歯とは違い、どうしても歯と歯茎の間に隙間が出来やすくなってしまいます。

歯磨きをしてもその隙間の汚れは取りにくいため、汚れが残りやすくなります。

そうすると歯周病菌が入り込み、溜まった汚れをエサに増殖します。

歯茎の色が他と比べて赤くなっていたり、腫れていたり、血が出やすくなっていたりするのが歯肉炎の状態です。

歯肉滲出液(しにくしんしゅつえき)という透明の液体が出てくるとさらに臭いを感じます。

歯肉炎が悪化すると歯の骨まで溶かす歯周病になってしまいます。

差し歯だし、歯周病になっても問題ないんじゃ?と思われるかもしれませんが、歯周病は動脈硬化やアルツハイマーなど他の病気との関連も分かってきている怖い病気なんです。

きちんと歯磨きが出来ていない

歯磨き粉

差し歯だから虫歯にならないといって適当に歯磨きをしてしまっていませんか?

歯に歯垢(プラーク)が溜まったまま放置していると、ミュータンス菌などの虫歯菌が歯についた糖を分解してネバネバの物質を出します。

それが溜まるとバイオフィルムといわれる状態になり、臭いが出てきます。

差し歯になっていない他の歯や歯茎にも悪影響です。

差し歯の臭いを防ぐためにとるべき対策

では、臭いを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。

歯医者さんにアドバイスされたことも含めてご紹介します。

歯ブラシは歯茎の際までしっかり!デンタルフロスも併用する

まずはしっかりと歯磨きが出来ていることが大切になります。

汚れが溜まりやすい歯茎の際の部分までしっかりと歯ブラシを入れ込むようにブラッシングします。

この時、硬い歯ブラシを遣ったり力を入れすぎたりすると歯ぐきを傷つける原因になってしまうので注意してください。

写真のように歯ブラシの毛の部分を歯茎と歯の隙間に入れ込むようにして優しくブラッシングします。

画像引用:健康百科

画像引用:健康百科

そして、デンタルフロスも使って歯と歯の間にも汚れが溜まらないように掃除します。

デンタルフロスは写真の様に意外と奥の方まで入りますので、入るところまで入れて、側面の汚れをかきだす様にして使います。

画像引用:Lidea

画像引用:Lidea

デンタルフロスの使い方の動画があったので参考にしてみてください。

差し歯にしていると、歯茎が下がりやすくなってしまうので、普段から指の腹の部分などで歯茎をマッサージすることも効果的だそうです。

管理人愛用おすすめの口臭対策グッズ!

私がこれまで試した口臭対策グッズの中から厳選しておすすめをピックアップしてみました!

  1. うる藍バリア

    うる藍バリア口コミ

    ★ポイント★

    唾液が出やすくなる成分ポリグルタミン酸&クエン酸配合!さらに藍のポリフェノールの抗菌力で体の内側からサポートしてくれます。

    button button2

  2. 薬用オーラクリスターゼロ

    オーラクリスターゼロ口コミ

    ★ポイント★

    抗菌力の高い薬用成分配合で口臭の原因であるVSC(揮発性有機化合物)を99.7%カット!

    button button2

  3. オーラルデント

    オーラルデント口コミ

    ★ポイント★

    森永乳業の特許成分オーラバリアに加え、様々な健康成分配合。試しやすい価格

    button button2

★→口臭対策グッズのさらに詳しいランキングを見る!

このページの先頭へ