高い歯磨き粉にはメリットがある!安物との3つの違い

ドラックストアで2~300円で購入できる歯磨き粉もあれば、1,000円以上する高級歯磨き粉もあります。

いまいち違いが分からないとつい安物を使い続けてしまいますが、やっぱり高い歯磨き粉は高いなりの理由があるんです!

高い歯磨き粉3つのメリット

歯磨き粉

歯磨き粉も消耗品ですから、歯磨き粉なんかにそんなにお金かけたくない!という人も多いかもしれません。

管理人もつい最近まではドラックストアで500円以内で買えるクリニカアドバンテージを使用していました。

ですが、最近1,000円以上の高級歯磨き粉を色々試しているうちに安い歯磨き粉との明らかな違いに気づきました。

あまり泡立たない

泡

高い歯磨き粉はあまり泡立ちません。

泡立たないとすっきりしない…という人もいるかもしれません。安い歯磨き粉を使い続けてきた私も正直、初めは物足りなさを感じました。

でも、泡立つのは何でだかご存知でしょうか。

それは、界面活性剤が入っているからです。

そのひとつにあげられるのが、ラウリル硫酸ナトリウムです。

ラウリル硫酸ナトリウム

泡立ちをよくするためのもので、合成洗剤やシャンプーなどにも入っている成分です。

1970年代に発がん性があるとして国が調査を行いましたが、根拠がないとされて、今も使用が認められています。

歯磨き粉に入っている量はごく僅かかもしれません。ですが、2%のラウリル硫酸ナトリウムを体の34部位に貼り付けたパッチテストでは、21部位において皮膚にかなりの炎症がみられたという実験データもあります。

ソース:日本医薬品添加剤協会

歯磨きでどれほどの割合が使われているのかは分かりませんが、皮膚よりも口の中の粘膜は10~20%吸収率が高いそうです。

歯医者さんの中でもラウリル硫酸ナトリウム入りの歯磨き粉を推奨しない人がいるほど。

それでもラウリル硫酸ナトリウム入りの歯磨き粉が流通しているのはメーカー側のコスト削減や、すっきり感を求める消費者に売れるからでしょう。

泡立ちはすっきり感はあるものの、それで満足してしまう為、実際はちゃんと磨けていない場合が多いんだそうです。

有効成分が入っている

高い歯磨き粉には、初期虫歯を防ぎ、歯を再石灰化してくれるような有効成分が入っているものが多いです。

再石灰化してくれる成分として一般的なのはフッ素ですが、最近ではフッ素の毒性について言われるようになり、歯医者さんでも意見が真っぷたつです。

私も殺鼠剤の主成分がフッ素だと知ってからは、フッ素入りの歯磨き粉を敬遠するようになりました。

そこで最近注目している成分が「薬用ハイドロキシアパタイト」という成分です。

もともと歯に含まれているハイドロキシアパタイトが主原料のため、安全性が高く、フッ素にも負けない再石灰化力があるのが特徴です。

日本の会社が開発した割と新しい成分で、注目されています。

薬用ハイドロキシアパタイト入りの歯磨き粉は間違いなく1,000円以上します。開発した会社のアパガードという歯磨き粉も1,000円以上しますが、他の会社のものになると、少し割高になる場合があります。というのも、開発した会社に特許があるので、使用料を納める必要があるからです。

薬用ハイドロキシアパタイトについて更に詳しくはこちら↓

>>再石灰化を促進してくれる歯磨き粉!有効成分とは?

プラスアルファの効果がある

高い歯磨き粉の効果は虫歯予防だけにとどまりません。

薬用ハイドロキシアパタイトなど虫歯予防の有効成分の他にも商品によって様々な有効成分を配合しています。

  • 歯周病予防
  • 口臭予防
  • 歯の黄ばみ予防・ホワイトニング

などなど。

最近では全ての効果をまるごと1本でOKという優秀な歯磨き粉も出ているので試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 高い歯磨き粉は泡立ちが悪い=界面活性剤不使用の場合が多い
  • 高い歯磨き粉は有効成分が入っている!
  • 高い歯磨き粉にはプラスアルファの効果が期待できる

歯医者さんの中には歯磨き粉なんかに頼らずに、しっかりとブラッシングをすることが大切だ!と言う人もいます。

もちろんそれが正論だと思いますし、歯磨き粉に頼ってブラッシングがおろそかになったら意味ありません!

でも色んな科学技術の進歩で、せっかく安全で効果的な歯磨き粉が登場しているのなら使わない手はないかな、と個人的には思います。

何より、磨いた後のツルツル感を一度味わえば、もう安い歯磨き粉には戻れなくなると思いますよ!

歯茎を引き締める!管理人おすすめの歯磨き粉

管理人が愛用している歯磨き粉は全薬工業が開発した「オーラパール」という歯磨き粉です。

オーラパール

  • 歯周病・歯肉炎予防
  • 口臭、虫歯対策
  • 歯を白くする

これらの働きをこれ1本で出来る!という優れものなのです。

この歯磨き粉の最大のポイントは歯の再石灰化を促す「薬用ハイドロキシアパタイト」と歯茎の腫れを抑える「塩化リゾチーム」が一緒に配合されているというところ!

実はこれ、日本で初のことなんです。

成分についてだらだらと説明したところでよく分からないでしょうから、オーラパールを1本使ってみた私の歯茎のビフォーアフターを見ていただきたいと思います。

オーラパール口コミ

歯茎の腫れが収まり、歯周ポケットの深さも改善したんです!

詳しい体験記事もまとめていますので合わせて読んでみてくださいね。

>>オーラパールの体験談をよむ

口臭予防やステイン防止にも優れた歯磨き粉ですが、個人的には歯茎ケアに一番の効果を感じました。

もちろん、進行した歯周病を歯磨き粉で治すことはできませんが、予防という面でおすすめしたい歯磨き粉です。

ちなみに公式サイトだと初回限定価格で購入できるのでお得です。

>>オーラパール公式ページをみる

このページの先頭へ