ホワイトニング効果なし?こんな歯は白くなりにくい!

白い歯は若々しくていい印象を持ってもらう為の大事なパーツ部分です。

少しでも白く輝く口元を目指してホワイトニングを検討している人も多いのではないでしょうか。

ですが、お金と時間をかけてホワイトニングをやってもあまり効果がでにくい場合もあるんです。

ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングの両方で白くなりにくい歯についてまとめてみました。

こんな歯は白くなりにくい

黄ばんだ歯

絶対に白くならないという訳ではありませんが、以下のような場合は白くなりにくい傾向があるそうです。

神経が死んでいる歯

ちょっと前にハリセンボンの春香さんが前歯をセラミックにしましたよね。

彼女の以前の歯は茶色っぽく変色していて、神経が死んでいる歯(無髄歯)でした。

神経が死んでしまっている歯の場合、通常の外側からのホワイトニングでは効果が得られないため、内側から白くするインターナルブリーチという方法をとる必要があるそうです。

私の場合も、長年の歯ぎしりで前歯の神経が死んでしまい、歯が茶色っぽく変色していしまいました。

歯医者さんで相談しましたが、ホワイトニングは難しいということで、歯の周りを削って白い歯を被せるという方法をとりました。

テトラサイクリンによる変色

幼少期に飲んだテトラサイクリン系の抗生物質で歯がグレーに変色してしまう場合があります。

歯医者で行う過酸化水素を用いたホワイトニングはテトラサイクリンが原因の変色でも改善することはできます。

ですが、それも歯の変色の度合いによっては改善できる場合とできない場合があるようです。

また、ホワイトニング後に黄色く変色してしまったり、縞模様のように変色している場合、逆に目立ってしまうといったことも起こり得るようです。

歯のエナメル質が薄れている

歯の構造

歯は大雑把にいうと、象牙質と呼ばれる部分がエナメル質によってコーティングされてできています。

歯の黄ばみが気になる人は多いと思いますが、歯の表面を覆っているエナメル質が黄色い訳ではないんです。

歯の色は、内側にある象牙質の色によって決まります。

これは、生まれ持った歯の色である場合もありますし、加齢などで少しづつ象牙質が黄色くなる場合もあるそうです。

エナメル質は色んな原因で少しづつ薄くなってしまいます。

  • 日々の歯磨きや歯のクリーニング
  • 食品に含まれる酸、研磨剤入りの歯磨き粉
  • 逆流性食道炎などの胃酸過多

これらの原因でエナメル質が薄くなることで、象牙質の色が見た目に強く反映され、黄ばみが目立つようになります。

こういったエナメル質が薄くなっている歯はホワイトニングの結果が出にくい場合があるそうです。

金属による変色

歯の裏に金属が詰まっている場合、金属のイオンが歯に染み出して黒っぽくなっていることがあります。

金属による着色はホワイトニングでは対処できないようです。

歯に詰め物が多い

歯の一部分に虫歯が出来た場合、その部分を削り、コンポットレジンといわれる白い詰め物で穴を塞ぐ治療がとられます。

人工の詰め物などはホワイトニングでは白くなりません。

加齢による変色

驚くシニア

若い人よりは白くなりにくく、まだらになる場合もあるそうです。

エナメル質が薄くなっていることや、日々の生活で蓄積された歯の表面の細かな傷なども関係しています。

もちろん改善する人はしますし、個人差はあります。

まとめ

ホワイトニング効果が出にくい歯の特徴をまとめてみましたが、これらに当てはまる場合でもホワイトニングを試してみて効果が出る場合だってもちろんあり得ます。

大切なのは、歯医者で受けるオフィスホワイトニングでもホームホワイトニングでも、効果が出ない場合がある説明をしっかりとしてくれる歯医者さんを選ぶことかなと思います。

だって、ホワイトニングって、結構高いですから(;´・ω・)

以前ホームホワイトニングを試してみましたが、割とすぐに元の色に戻ってしまってくやしい思いをしたことがあります。

それからは歯医者でのホワイトニングは諦めてホワイトニング効果のある歯磨き粉などを使っています。

このページの先頭へ